ジュエルアップの生理中・妊娠中・授乳中・ピル・お酒との摂取について

肌もきれいになると言われているジュエルアップ、グラビアモデルやタレントが使っているバストアップのサプリメントです。このサプリメントは女性ホルモンにとても似た働きをする、ブラックコホシュとワイルドヤムという成分が使われています。生理中・妊娠中・授乳中の摂取についてと、ピル・お酒との併用は大丈夫なのかまとめてみました。

ジュエルアップとエストロゲンの関係から摂取時期を選ぶ

女性の胸を大きくすると話題になっている成分、ブラックコホシュやワイルドヤムは色々なバストアップサプリメントにも使われ始めています。

このジュエルアップは女性ホルモンのエストロゲンを補う事でバストアップを行います。

ジュエルアップが配合されているサプリメントを飲むときにはそのタイミングがあります。

女性の体にはエストロゲンとプロゲステロンと言う物質が交互に働きバランスを保っています。

エストロゲンは排卵期の前から排卵日までに多く分泌されます。

この時期にジュエルアップを取ると、過剰にエストロゲンが分泌された状態となり、折角飲んでもバストアップの効果を期待する事が出来なくなります。

生理中に飲んでも平気?

エストロゲンの分泌がとまる生理開始4日目くらいから、10日間ほどの期間飲むのが理想的だといわれています。

バストアップサプリ(特にプエラリア)を服用していると、人によってごくまれに生理が遅れる、生理不順になるなどのケースがあります。

これはプエラリアが女性ホルモンに似た働きをする事で、まれに、ホルモンのバランスを崩すことがあるからです。

普段から生理が不順と言う人はプエラリアの代わりにジュエルアップに使用されているブラックコホシュやワイルドヤムにおいても使用時期には気を配った方がいいかもしれません。

妊娠中に飲んでも大丈夫?

妊娠中はお腹の赤ちゃんのことを考えると、普段使っているサプリでも継続して使っていいものかと悩みます。

お腹の赤ちゃんへの影響も心配ですが、出産後には肉割れなどができやすく体調が不安定になりがちで、使っているサプリを見直すきっかけになるという人もいます。

ジュエルアップは妊娠時の不安定な体調に使用しない方が賢明です。

また、授乳も落ち着き、妊娠後の体調が落ち着いた状態で利用するのがベストです。

授乳中に飲んでも大丈夫?

授乳中もこのサプリメントを飲むのは大丈夫なのでしょうか。

妊娠中はパンパンに張っていたバストが授乳が終わるとちいさくなってしまうことも多くあります。

大人であれば手術をして根本的に治療すると言う選択肢もありますが、そこでオススメしたいのがジュエルアップです。

授乳中のサプリは赤ちゃんに影響がないか心配ですが、授乳後なら、安心して摂ることができます。

ピルと併用しても大丈夫?

ピルは生理周期を正し、女性ホルモンを安定させるという特徴があります。

日本では避妊用として利用されることが多いですが、効果が優秀なので体内環境を劇的に改善することができ、女性の場合にはホルモンバランスを整えて月経不順を改善したり、体質を改善するサポートなども期待できます。

もちろん、ピルなどで女性ホルモンのバランスを調節してますので、ジュエルアップを利用する際は、時間をずらしたり、女性ホルモンバランスが安定している時に摂取したり、医師に相談するなど、ピルをやめるなど、注意深く利用するのが良いでしょう。

お酒と一緒に飲んでも大丈夫ですか?

バストアップに効果があると言われているジュエルアップですが、効果はバストアップだけでしょうか。

ジュエルアップは基本的には健康食品なので、飲み合わせについては問題ありません。

有効成分が、バストアップの「サポート」から「飲んで効く」健康食品となっていて、新成分、発酵ウコンも配合し、バストアップの他、疲れやだるさにも効果が期待できるようになりました。

お酒を飲む女性の方でも、ジュエルアップの摂取は二日酔いの時は避けましょう。

効果を高めたい場合は、お酒を飲んだら数時間空けてから摂取したり、より効果を実感するならお酒は飲まない方がおすすめです。

今ならリニューアル 100円で購入することができます。詳細は公式サイトをご覧ください。気になる方は是非チェックしてみてください。

>> ジュエルアップの口コミ大暴露!